【コーヒー三大原種とは?】アラビカ?ロブスタ?その違いって何?

コーヒー,ブログ コーヒーの謎
スポンサーリンク

こんにちは。

マメ男(コーヒーの木)は今日も元気です^^

コーヒーの木

葉っぱも青々と生茂り、元気いっぱいのマメオ♪

この前のブログで、

「花が咲いたんだよー!」

との報告をしたのですが、そのお花たちがたくさん増えてきました^^

コーヒーの木
蕾がたくさん!

この状態から数日で以下の写真のように花が咲きます♪

コーヒーの木

雨に打たれながらも、力強く花を咲かせるマメオ。

東京の端っこで頑張ってます^^

「東京でコーヒー豆を製品化する」というワクワクする夢にマメオと共に向かっているのであります♪

そんなマメオの成長を横目に、未だコーヒーの事を何も知らない自分が恥ずかしくなってきて。

少しづつお勉強をしているのですが。。(今さら。。笑)

コーヒーに興味を持ち始めると、あらゆるワードが飛び込んでくるんですよね。

コーヒーの種類や銘柄コーヒーベルト、ブラジルやベトナムなどの生産国の名前など。。

コーヒーベルトというのは、コーヒーがよく育つ熱帯雨林気候の地域のことをコーヒーベルトと呼ぶ。

というのは以前にも書かせて頂きました。

今日は、その中でもコーヒーについて気になった謎。

【アラビカ種&ロブスタ種ってなんなん?】

という内容で調べてみたいと思います♪

スポンサーリンク

生産量

以前にも書いたように、現在世界一のコーヒー生産国に君臨するのは「ブラジル」

世界全体に占めるシェアは40%を超えているのが現状です。

しかし、今現在コーヒーは世界中で飲まれていて、コーヒーの需要と供給が追いついていないというニュースを目にしたりもします。

世界各国でコーヒーの生産量は年々増加傾向にありますが、それでも追いつかなくなれば近い将来コーヒーの値段が急騰するという事態になるかもしれない。

そうなると、今みたいに当たり前に飲める飲み物じゃなくなってしまうかも。。

これについてはまた後日、まとめてみたいと思ってます^^

コーヒーの種類

コーヒー

世界で生産されている【コーヒーの木】は主に3種類。

  • アラビカ種
  • ロブスタ種
  • リベリカ種

この3つが【コーヒー三大原種】であり、その中でも世界中に広く流通しているのがアラビカ種とロブスタ種の2つ^^

どれも原産地はアフリカ

そして、世界一のコーヒー大国であり全体の40%のシェアを誇る「ブラジル」

そのブラジルで生産されているコーヒー豆の70%が【アラビカ種】のコーヒー。

ちなみに、そもそもブラジルにはコーヒーの木というのは元々存在していた訳ではなく、エチオピア原産のコーヒーがヨーロッパを経由してブラジルに渡り生産が始まったそうな。

アラビカ種

アラビカ種というのは主に亜熱帯性気候の標高1000メートルの地域で栽培される。

非常にデリケートで繊細気温の変化病気にも弱いので育てるのにも手間が掛かるのがアラビカ種の特徴。

風味と味わいが素晴らしい品種なんだけど、収穫量も少ないので高値で取引されるんですって^^

コーヒー豆にこだわって販売をしているお店などが取り扱っているのはほとんどがアラビカ種♪

ロブスタ種

一方で、一般的な缶コーヒーインスタントコーヒーに多く使われるのは【ロブスタ種】

高温多湿な環境にも適応できて病気にも比較的強く、収穫量も多いロブスタ種^^

生産が安定しているので使い勝手がよく、万能なコーヒーの木。

しかし。

ロブスタ種の豆には「酸味が無く、苦味があり、渋い!」という特徴があり、カフェイン量はアラビカに比べて約2倍。

その独特な香りは「ロブ臭」と呼ばれ、癖もあるのでそのまま飲むということはほとんど無いのだとか。

ただ、収穫量が多くて安価なのでブレンドとして販売されたり、インスタントコーヒー、缶コーヒーに加工されて使われています♪

リベリカ種

最後に、【リベリカ種】です^^

リベリカ種はアフリカのリベリアが原産地。

世界全体のコーヒー流通量からすると、1%以下の生産性しかなくヨーロッパでの消費が多いんだとか。

なので、日本にはほぼ出回っていないそうです。

しかし、三大原種の中でも比較的歴史が新しいリベリカ種。

この「リベリカ種の生産を増やそう!」という動きがあるみたいなので、そちらも楽しみですね♪

 まとめ

以上の三大原種が主と言われてるけど、細かく分類していくとたくさん変化や進化をしているのがコーヒーの木。

実は細かく分類してくと50種類を超えると言われているコーヒーの種類。

それぞれの地域柄に合わせた栽培方法や、気候や気温に適応しながら少しづつ進化をしていたり、世界中で品種改良も日々行われていて。

マメオがいる場所は東京の端っこというコーヒーの木の栽培には適さない場所なんだけど、昨今の気候変動がいい方向に作用してくれて立派に育つかもしれない。

そんな淡い期待を胸に抱きながら、どうにかこうにか対策をしながらまずは今年の冬をどうやって乗り越えようかを試行錯誤中なんです。

温度低下に弱いのでね。。泣

でも、いつの日か「東京産コーヒー」ってのが出来上がったら最高に楽しそう♪

まぁ、とにかくその日を夢見て。。

今日も、マメオは元気です^^

コーヒーの木

では。

PS:マメオはアラビカ種です♪

I Love Coffee…

コーヒーの謎
スポンサーリンク
ピンときたらシェアをお願いします♪
【東京Coffee奮闘記】をフォローしよう♪
スポンサーリンク
River Village Coffee

コメント

タイトルとURLをコピーしました